高齢化に伴って変わっていく千葉の葬儀

はじめての千葉での葬儀

高齢化に伴って変わっていく千葉の葬儀

少子高齢化が進み、千葉で孤独に一人ひっそりと亡くなっていく高齢者の方も多くなっています。

隣近所との付き合いが希薄になったことで、外出しなくなっても気が付かれることもなく、数か月経過してから発見という事も少なくありません。

この場合葬儀は誰が行うのかというと、親戚がつかめれば親戚に連絡がいきますし、もし誰もいない、天涯孤独状態という事なら葬儀を行うことなく荼毘に付し、その後無縁仏に安置されます。

全く見たこともない、聞いたこともない親戚が亡くなったからといって葬儀を出すほど余裕がある方は少なく、やはり葬儀は行わず焼き場でお骨になって、その後無縁仏へという方が多いようです。

葬儀の形も大きく変わりつつありますが、高齢化となって人の亡くなり方、最後の時間の過ごし方も今、変わってきています。

タレントさんでも著名な方でも、最後は親族、近しい人たちだけで葬儀を済ませてほしいという願いが昨今多くなっています。

大々的な葬儀ではなく、小さくこじんまりとした葬儀で、家族だけに囲まれて葬儀をしてほしいという意志を亡くなる前に、家族に伝える故人も多いのです。

そこで、千葉の葬儀社が行う葬儀の種類も現代、非常に変わりつつあり、またその種類は以前よりもずっと多くなっています。

【Check!】>>簡単!千葉での葬儀術

これからさらに高齢化が進み、葬儀という事が切実になってくる年代を迎える方も少なくないと思いますが、自分の最後の時、この時を考える事も大切なことです。

目を背けることなく、しっかり対応しましょう。

Copyright (C) はじめての千葉での葬儀(vineseek.net) All Rights Reserved.