はじめての千葉での葬儀main画像

千葉でも多くなっている自宅葬は、故人とのお別れをどう行うか深く考えさせられる葬儀です。

千葉での葬儀、本当に納得したお別れになるように

最近は葬儀の形が見直されています。

葬儀というと、葬儀場などで行う事が一般的となっていましたが、千葉でも自宅での葬儀を行うご家族が多くなっています。

葬儀社でも、自宅で行う自宅葬についてサービスを提供するところも多くなってきて、隣近所の方にお世話になることなく、葬儀社に手伝ってもらいながら自宅葬を行うというご家族も増えているのです。

病院で最期を迎え、そのまま葬儀場に送られるご遺体も少なくありません。

でもご病気でずっと病院に入院され、千葉の自宅に戻りたいといい続けてきた故人を一度も自宅に帰すことなく葬儀となるのはあまりにもかわいそうです。

一旦ご自宅に戻られたご遺体をもう一度葬儀場に運ぶのではなく、慣れ親しんできたご自宅で最期のさようならをしてもらうというのも、印象深い葬儀となるでしょう。

今、葬儀の形というのは一般化していますが、そこに沿って行わなければならないという事もありません。

最後のお別れの仕方は、故人、またご遺族の意向によって変化してもいいのです。

最近の葬儀社は、こうしたご遺族の意志、故人の意向によって様々な葬儀を行う準備が整っています。

後悔泣く永遠のお別れをするためにも、お亡くなりになった方ならどのような葬儀にしてほしいだろう・・・とよく考えて葬儀の形を選んでいく方がいいでしょう。

形にとらわれることなく、故人らしく、遺族らしく、最後のお別れを行えば、後悔もなくしっかりとお別れできるのではないでしょうか。