千葉での一日葬や直葬はよく考えて

はじめての千葉での葬儀

千葉での一日葬や直葬はよく考えて

葬儀の形は色々で、最終的に日本の法律では火葬すれば問題ないわけですので、一般葬の他にも様々な葬儀があります。

合同葬や社葬は千葉でも大きな企業や大学などの教育機関関係者などお亡くなりになった際、よく見かける葬儀です。

近親者だけで葬儀を済ませるようにと遺言があったという場合、ものすごく偉い方、著名な方でも密葬にして、後にサヨナラ会を設けるなどする事も少なくありません。

最近タレントさんや著名な方にこうした葬儀を選ばれる方が多くなっています。

この他に1日葬と呼ばれるものがあります。

千葉でもこうした形の葬儀を選ぶご家族がいます。

前日に通夜、翌日に葬式・告別式を済ませるという葬儀を、通夜法要無で1日のうちに火葬まで済ませてしまう葬儀を1日葬といいます。

通夜を行わないため、通夜の席の弔問、会葬者が少ないという事もあり、親族は親戚一同でお亡くなりになった方とゆっくり過ごすことができるというメリットがあります。

またこの他に、葬儀を行うことなくそのまま火葬してしまう直葬という方法もあります。

通夜、葬儀・告別式も行わず、故人とのお別れもそこそこに、火葬してしまうという方法です。

火葬炉の前にお坊様を呼び、お経を唱えてもらうという事もありますが、全くない場合も少なくありません。

▼関連記事⇒「死んだらお墓はいらない」今、“ゼロ死”を選ぶ人が増えている

ただ費用面などを考慮して、この直葬を選んだ多くの方が後に後悔したり、もっとしっかり葬儀をしてあげるべきだったと思う事も少なくないので、直葬を行う場合、よく考えて行うべきです。

故人の遺言以外、直葬はできれば避けたい葬儀でしょう。

Copyright (C) はじめての千葉での葬儀(vineseek.net) All Rights Reserved.