千葉での葬儀の種類は様々

はじめての千葉での葬儀

千葉での葬儀の種類は様々

遺族や親族、そして故人の仲間、知り合いなどが集まってくれる葬儀を一般葬といいますし、ある程度企業で地位が高い人になると社葬・合同葬などを行う事もあります。

テレビを見ていると、タレントさんや著名な方が亡くなったというニュースが流れ、最近は、葬儀は近親者のみで行われました、と後日発表の方が多いです。

最後は親族や本当に近しい人がまわりにいてくれる状態で、サヨナラしたいという故人の遺言が千葉でも非常に多くなっているのです。

社葬や合同葬は企業等が一緒に行う葬儀で、大きなものとなると最後のお別れに来てくれる数が膨大になるので、どのように段取ればいいか、なるべく慣れている大手葬儀社の方が安心だといわれます。

実績のほかにも、これまで行ってきた大きな葬儀に関して、経験と知識を持っていることが重要です。

親類やお身内などだけで行う葬儀は家族葬といい、最近はこの形を選ぶ方が多くなっています。

大きな費用を掛けられないという理由をお持ちの方もいますし、故人が家族葬で小さく身内だけの葬儀を行い、香典などは受け取らないでほしいと遺言を残していることも少なくありません。

この他、密葬がありますが、一般的に密葬の名前を現代風にしたものが家族葬です。

本葬儀なしの密葬はイコール家族葬と思っていいでしょう。

他に知らせることなく親族で弔いますが、故人と親しかった方などが改葬する事に問題もありませんし、施主側が断るのも疑問です。

千葉でも自殺などされると密葬となる事が多く、この場合、連絡がいった方のみさよならに来てほしいなどと親族がいう場合もありますが、これは間違いです。

お亡くなりになった方へさよならに行くかどうかは、行く方の問題なのです。

Copyright (C) はじめての千葉での葬儀(vineseek.net) All Rights Reserved.